ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 バガン観光(馬車)「パヤー・寺院めぐり」②(vol15)

WRITER
 
ウパリティン
この記事を書いている人 - WRITER -

今日もたくさん巡りますよ。

どれも同じように見えるけれど、しっかり見ると個性がちゃんとあるんです。

馬車でパヤー・寺院めぐり

ニャウンウーの方を目指しながら、ガイドさんが名所を案内してくれます。

ここはガイドブックに乗っていない名のない場所だけれど、NiceViewと教えてくれました。

バガン
こんな感じでパヤーが沢山建っています。

バガン
小さなパヤーが沢山。

バガン
そしてここ!2階?のテラスに上がれ、上からの景色が楽しめるのです。

バガン
こんな感じの階段を上ります。ちなみに階段付近は暗いです。

バガン
シュエサンドーパヤーに比べれば低いですが、気持ちよい空間です。

bagan_0810 (17)
しかし長閑だ。人もいないし。

バガン
どこからともなく現れた男の子。

彼が階段の場所を教えてくれました。

もちろん、物を売ってきます。

そして沢山の種類の外貨を持っていました。

「ブラジル、コリア、ドル、ユーロ」などなど、札を見せながら教えてくれます。

「日本円ちょうだい」と言われましたが、それもどうだろう?と思い、案内してくれたお礼は日本のお菓子「ビスコ」にしました(笑)

ウパリティン
ここは「ウパリ・テェン」。

ティーローミィンロー寺院の道路を挟んだ向かいにあります。

名は13世紀の高層ウパーリ・テェンにちなんで名付けられたそうです。

長方形の中央にチョンと小さな塔があるのが面白いですね。

ウパリテェン
横?か見た様子。

内部にはフレスコ画があるそうです(見なかったー^^;)

ウパリテェン
ウパリ・テェンの看板。

bagan_0810 (23)
次は「チャンスイッター窟院」へ行きました。

チャンスイッター窟院
説明文。

内部は撮影禁止だったから撮れなかったのだけれど、しかし、写真がこの2枚しかない・・・^^;

何故?!

 

チャンスィッター窟院は内部のフレスコ画が素敵でした。

内部は暗いので管理人兼みやげ物屋の人が懐中電灯を貸してくれようとしましたが、ヘッドランプを持って来ていたので(これ結構便利です!パヤーの階段を上る時などにも役に立ちます)それで内部鑑賞しました。

 

一通り見終わった後、外に出ると、前の道を沢山の学生が歩いて&自転車に乗り帰宅をするところに出くわしました。

みんな白いシャツに緑のロンヂー(巻きスカート)を履いています。

それが制服なのだそうです。そして自転車の子は荷台に銀色のステンレス製のお弁当箱をくくりつけていました。

このステンレス製のお弁当箱は他でもいたるところで見かけました。

みんな持っているのかな?!

さて次はメインどころ「シュエズィーゴォン・パヤー」です♪

-2015.8.10-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.