ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 ヤンゴン観光「ボーヂョーアウンサン博物館」 vol29

WRITER
 
ボーヂョーアウンサン博物館
この記事を書いている人 - WRITER -

最終日もヤンゴンの街へと繰り出します。

ボーヂョーアウンサン博物館

実質最終日の今日は、ヤンゴン観光に繰り出します。

まずは「ボーヂョーアウンサン博物館」へ向かいます。

ホテルからタクシーに乗りました。

スーレーシャングリラ・ヤンゴンから博物館まで3000チャット(約330円)です。

ボーヂョーアウンサン博物館
車も人も多い道をスイスイっと通り抜けて行きます。

ボーヂョーアウンサン博物館
乗っている私は怖かったですが、歩いている方が怖いので運転手さんにお任せするしかありません!

ボーヂョーアウンサン博物館
「ボーヂョーアウンサン博物館」に到着しました。

ボーヂョーアウンサン博物館はビルマの独立に尽力したアウンサン将軍が、1945年5月から1947年7月に暗殺されるまで過ごした家です。

ボーヂョーアウンサン博物館
カンドーヂー湖の北、静かな住宅街にありました。

ボーヂョーアウンサン博物館
お洒落な洋館です。階段の下で荷物を預けます。

写真撮影禁止なのでカメラもです。

階段を上がっていくとそこで入場料300チャット(約33円)を払い、記帳します。

1階は居間、食堂があり、2階は寝室、子供部屋、蔵書が保管されていました。

アウンサン・スーチーさんもここで過ごしていたんですね。

中は豪華な作りかと思いきや、広くて質素だけれど品のある感じでした。

天井が高くて気持ち良かったです。

ここは日本人がたくさん訪れるようですよ。

受付の係りの方がそう言っていました。

さて、次は歩いてチャウッターヂー・パヤーへと向かいます。

-2015.8.13-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.