ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 バガン観光(馬車)「シュエズィーゴォン・パヤー」(vol16)

WRITER
 
シュエズィーゴォン・パヤー
この記事を書いている人 - WRITER -

今日のメイン場所にやってきました。

シュエズィーゴォン・パヤー

やってきました「シュエズィーゴォン・パヤー」です。

ここはバガンのみならず、ミャンマーを代表する仏塔の1つだそうです。

シュエズィーゴォン・パヤー
「シュエ」は金、「ズィーゴォー」はパーリ語の「勝利、栄光、祝福の土地」という意味だそうです。


シュエズィーゴォン・パヤーへ続く参道?!です。長い!

シュエズィーゴォン・パヤー
近くなるとお土産物やなど出始めました。

もちろんここでも勧誘にあいます。そして、勝手にこんな手作りのバッチを付けられました。

シュエズィーゴォン・パヤー
何かの目印なのでしょう。

そして再びここに戻って来た時、靴が面白い事になっていました。

シュエズィーゴォン・パヤーは金ピカでゴージャスなパヤーでした。
シュエズィーゴォン・パヤー
金色が眩しいです。

bagan_0810 (33)
狛犬?も金ピカです。

シュエズィーゴォンパヤー
中は広く、全てがゴージャスな感じでした。

そしてここ!
シュエズィーゴォンパヤー
綺麗なタイル?だなぁと思ってみていたら、現地人が寄ってきて、ここで写真を撮ると綺麗だと言って写真スポットを案内したり、勝手に火をつけた線香をサービスだからと言って渡してきたりします。

思わず受け取ってしまい、しょうがなく線香を供えたら金銭を要求されました。

 

手の指を折りながら「father,mother,brother・・・lucky,lucky!」とか言ってお金をせびられ、訳分からん。

日本円でもいいからとあまりにしつこいので10円を渡そうとすると「100円!」とか言ってくるし、本当に図々しい!

仕方なく100円渡すと「私にも」と他の人も言ってくる始末。

なんだかなぁ、どうしてこういう人達いるんでしょう。

結局200円渡し(取られ?)、もうこれ以上払わない意志を見せると諦めたようです。

最初からそうすればよかった!・・・後の祭りです。

私とした事が・・・。

 

何かしっくり来なかったので、彼女達を写真に納めようと思い^^;、カメラを向けるとさっと逃げていきました。

そこで思いつきました。

お金をせびられた時に、払うから一緒に写真を撮ってと言えば良かったと・・・

やましい気持ちがあれば、きっと逃げて行ったんじゃないかなと思います。

次はやってみよう♪

 

そんな苦い思いを抱えつつ、来た場所を戻ると、靴を脱いだ場所に靴がありません。。。

あれっ???と思っていると、どこからともなく、先ほど手作りのバッチを付けた人が現れ、自分のお店に案内しようとします。
bagan_0810 (34)
断ろうとして、お店のほうを見ると、なんと自分の靴がそのお店の前に置いてありました(上の写真では既に靴を取ってしまった後ですが、このお店の前に私の靴が置いてあったんです!)。

びっくりというか図々しいというか、思わず苦笑いしてしまいました。

もちろん、何も買いたいと思っていなかったので、頑なに断りましたが。。。

何でしょう、後味の悪い場所でした^^;

それを忘れるためにはご飯ですね♪

-2015.8.10-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.