ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 ヤンゴン観光「スーレーパヤー」&ランチ(vol27)

WRITER
 
スーレーパヤー
この記事を書いている人 - WRITER -

いよいよヤンゴン観光の始まりです。

なかなかここもストレスフルな場所でした。

ヤンゴン観光

少し休憩した後、ヤンゴン市内観光に出かけます。

スーレーパヤーを経由し、ランチ場所「モンスーン」まで歩いて向かいます。

スーレーシャングリラ・ヤンゴンからスーレーパヤーまでは近かったです。

が!車が多くてまたまた怖かった(笑)。

我先にと行く車の間をすり抜ける感じで向かいます。
スーレーパヤー
スーレーパヤー」が見えてきました。

道のど真ん中にあります。

が、もちろん横断歩道なんてものはありません。

現地人に寄り添いながらささっと渡ります。

ヤンゴン市街はこのスーレーパヤーを中心に設計されているそうです。

スーレーパヤー
スーレーパヤーの入り口です。

パヤーの周辺ではこうやって小鳥を売っている小鳥屋?さんをよく見かけました。

この小鳥は逃がしてあげると「方生」の徳が積めるのだそうです。

スーレーパヤー
スーレーパヤー内です。

高さ46メートルあります。

スーレーとはパーリ語で「聖髪」という意味があるそうで、仏塔内には仏陀の遺髪が納められているそうです。

スーレーパヤー
昼間でしたが、人がそこそこいて、皆がそれぞれの時間を過ごしていました。


生まれが金曜日の人がお参りをする場所。

ミャンマーの人は生まれた日より生まれた曜日を重要視します。

スーレーパヤーは街の中心にあり、気軽に訪れることが出来ますが、そんなに綺麗ではなく私はちょっと居心地が悪かったです(^_^;)


スーレーパヤーの周囲は小さな店がパヤーを取り囲むようにあり、面白かったです。

さて、「モンスーン」を目指して歩きます。
ヤンゴン市街
こんな感じで屋台?が並ぶ道を通り抜けます。

ヤンゴン市街
ヤンゴン市街
屋台のエリアは、この水で洗っているの?という場所があったり、臭いもして、見ているだけでお腹を壊しそうでした^^;

狭い道に並ぶ屋台に行き交う車の激しさ、これぞアジアって感じ?!

しばらく歩くと「モンスーン」に着きました。
モンスーン
モンスーンは古い建物をお洒落に改装したレストランバーです。

値段は若干高いですが、安心して利用できます。

なんだか私の中では「安心」がキーワードのようです。

ここではビルマ料理を頂きました。

モンスーン
ナスの煮込み。

4500チャット(約500円)

モンスーン
モヒンガー。3300チャット(約360円)

モンスーン
モヒンガーの付け合せ。

モヒンガーは、魚ベースの麺料理です。

初めてチャレンジしましたが、何とも言えない味です。

このスープだけ見ると濁っていてウッって思いますが、味はちょっと魚のくせのある、だけれどもコクがあり、まぁイケます。

沢山は食べられないけれど^^;

しばし休んだ後は、再び歩いてホテルに戻ります♪

-2015.8.12-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.