ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ネパール旅行記 いざカトマンズ(カトマンドゥ)へ(vol2)

WRITER
 
nepal_2-1
この記事を書いている人 - WRITER -

色々な意味で衝撃的だったネパール。

いよいよネパール散策が始まります。

いざ、カトマンズへ

出発当日、珍しくナーバスになっていた。

というのも、そもそもネパールに旅行するなんてほんの数日前まで思ってもなかったからだ。

なぜネパールになったか、、、

急に1週間休みになり、どこかに行きたいけれど、あまりに急すぎて決められず、私の旅先を他人に任せようと思ったからだ。

 

旅先の相談に近くの旅行会社へ行く。

カウンターに座り、伝えたことは3つ。

  1. 期間は1週間以内
  2. 旅費は20万以内
  3. 私が行ったことない所

そして、おすすめはどこですか?と。

 

するとカウンターのいかついおじ様が一言「それならネパールがおすすめです!」と。

内心、え~~~!と思ったし、しばらく考えたが、条件には合致しているし、断る理由なんてどこにもない。

断る理由がないが故、私はネパールに旅立つことになった。

 

羽田を深夜に飛び立ち、バンコク(タイ)を経由する。

久しぶりのタイ国際空港だ。

雰囲気がそれっぽくていい感じ。
タイ国際空港
時間があったのでマッサージをして時間をつぶす。

1時間33ドル。

タイの物価にしては高いと思うが、日本に比べれば全然安い。

あっという間に搭乗時間となり、いよいよネパール・カトマンズへと向かう。

ネパール 国際空港
ネパール「トリブヴァン国際空港」に到着した。

空港は小さく、どこか薄暗い。

ネパール国際空港
VISAも取得出来、荷物もちゃんと出てきて良かった。

両替を終え、出口へと向かう。

 

出口を出ると、、、!!!

いっせいに人懐っこい顔がこっちを見る。

あぁぁぁ、トンでもないところに来てしまった、、。

帰りたい、本気でそう思った。

タクシーを頼みたいだけなのに、みんなが近寄ってくる。

日本人の女子1人が珍しいのか、全然私には構わなくていいから!

そう思っても、皆お構い無しだ。

 

やっとのことでカウンターに辿り着き、ホテルまでのタクシーを頼む。

値段は決まっているというが、本当か?と疑ってしまう。

空港でこれだから、これから先が思いやられるが、こういうのを楽しまなければストレス以外感じない旅になってしまいそうだ。

 

今日泊まるホテルはシャンカーホテル

3日前に慌てて予約したホテルだ。

シャンカーホテルまでは750Rs。

オンボロタクシーに乗り込みホテルへと向かう。
ネパール タクシー
ほんとにオンボロ。

でもそんなのにも慣れてしまった。

タクシーに乗り込んですぐ、運転手さんが何やら誰かと電話をしている。

すると、その後、見知らぬネパール人が乗り込んできた。

 

こっこわい!!心臓が高鳴り、逃げたくても逃げられず、荷物を抱えて身構える。

と、そのネパール人がこっちの気も知らず、満面の笑顔で話しかけてきた。

「明日の予定は?」と。

 

そう、その人は観光の勧誘だった。

物凄い勢いで、勧誘をする。

いい人なのか悪い人なのか、私には全く見分けがつかない。

が、ことの成り行きでその人の事務所に向かうことになった。

-2012.07.22-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.