ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ネパール旅行記 カトマンズ「バトバテニ・スーパーマーケット」(vol12)

WRITER
 
カトマンズ スーパーマーケット
この記事を書いている人 - WRITER -

炎天下の中、歩いて歩いて向かったその先は・・・

バトバテニ・スーパーマーケット

旧市街を探索した昨日とは違い、ちょっと近代?!を感じようとカトマンズ最大規模の「バトバテニ・スーパーマーケット」を散策することにした。

ガイドブックによるとカトマンズから徒歩で30分とあったので、散策しながら向かえばちょうど良いと思い、徒歩で向かうことにした。

カトマンズ
タメル地区の土が剥き出しの道とは違い、舗装された道を延々と歩く。

庶民の足である「テンプー」を発見する。

バスのようにルートを持つ10~12人乗りの小型オート三輪で、ルート内はどこでも乗り降り自由だそうだ。

スーパーマーケットに行くなら乗りたい!と思ったが、乗る勇気もなく見送ってしまう。

 

歩きは歩きで良い所が沢山ある。

まずはそこに住む人の生活に触れられることだ。
カトマンズ
床屋を発見。

窓も扉もない吹き抜け?の床屋さん。こういうのが面白い。

カトマンズ
花屋?!さん。

暑いのに外に置いて大丈夫かしら?

 

なんて事を楽しみながら、いや気を紛らわしながらスーパーマーケットを目指して歩いていく。

30分なんてウソだ~!

歩けど歩けど、一向に辿り着く気配がしない。

それでも頑張って歩き、恐らく近くに辿り着いた後、目印のネパールの有名な歌手「ナラヤン・ゴパール」の像がある交差点を探すけれど見つからなく、何度も何度も同じ道を行き来する。

近くに道を聞けそうな人もいなく、ひたすら像を探していたら、道路の真ん中に立っていた・・・。

そんなこんなで到着したバトバテニ・スーパーマーケットがこれ。
カトマンズ スーパーマーケット
確かに、昨日の旧市街にはない近代的な感じがする。

日本にもありそうだ。中も散策したが、いたって普通だった。

あえて行くほどのことでもなかったかもしれない。

延々と暑い中歩いてきたが故の期待もあったから、こういう感想になってしまったかもしれない。

現地の人にしてみれば、何でもそろう便利なスーパーだと思う。

さて、歩いて来た道を帰ろう。

-2012.7.26-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.