ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ネパール旅行記 ネワール族の古都「バクタプル」(vol9)

WRITER
 
バクタプル
この記事を書いている人 - WRITER -

ヒマラヤがちっとも見えなくて残念だったが、気を取り直して次へ。

次も美しい街でした。

バクタプル

ナガルコットからの帰り、「バクタプル」に寄った。

バクタプルはカトマンズから東へ12キロほどで、カトマンズ盆地で3番目に大きな町である。

バクタプルは赤茶のレンガ造りの建物が立ち並び、静かで美しい街だった。

バクタプル
バクタプルの街に入るのに、外国人は1100Rsを払う。

後で、街に入るのにお金が必要???と思ったのだが、街並みが綺麗だったからありあり。

ここはダルバール広場。

王宮やたくさんの寺院が立ち並んでいる。

バクタプルの街は、ダルバール広場とその南にあるトウマディー広場、そして東にあるタチュバル広場まで続くバザールを中心に、路地が迷路のように広がっている。

バクタプル

バクタプル
全体的にとても雰囲気のある街だった。

特におすすめなのはトウマディー広場の「ニャタポラ寺院」5重の塔がすごく綺麗だった。

階段で上に上れるので、上ってみると広場が見渡せる。

人も車も少なく、のんびりとそぞろ歩きをするにはもってこいの場所だった。

 

郊外の旅もこれで終わり。

カトマンズへ戻り、タメル地区で降ろして貰う。

ガイドさん、ドライバーさんとも別れ、いよいよ明日からは1人で散策の旅となる。

その前に今日のディナーは!
ネパール うどん
「玉子うどん」

タメル地区にある「おふくろの味」という日本料理店で。

店内はうすぐらいけれど、なんだかホッとした。

日本料理でホッとするということは疲れていたのかな。

また明日も来る事になるとは思わなかったが、美味しく頂いた。

-2012.7.24-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.