ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 ヤンゴン観光「国立博物館」とか(vol31)

WRITER
 
ユニオン・バー・グリル
この記事を書いている人 - WRITER -

ヤンゴンではタクシーを駆使して観光地を巡ります。

ぼられないように注意しながら・・・

国立博物館etcへ

チャウッターヂー・パヤーからタクシーでミャンマー最大の博物館「国立博物館」へ向かいました。

2500チャット(約275円)です。

館内は撮影禁止のため、入り口でカメラ等々の荷物を預けます。

入場料は5000チャット(約550円)です。

国立博物館の中は広く5階までありました。

どの階も薄暗いけれど、外と比べて静かな空間で安心して歩くことが出来ます。

 

そういえば、工芸品とかあまり興味がなかった^^;

けれど、1階にあるこの博物館の見どころ「獅子の王座」は金の装飾が素敵で見ごたえがありましたよ。

その他は、しれ~っと置いてあった金のうちわがお気に入りです。

金ピカなうちわで扇ぐ風は気持ち良いのかしら。

 

一通り(大分流してしまったが)見終わった後は、少し休憩をしようと思い、ヤンゴン川沿いの「ユニオン・バー・グリル」へと向かうことにしました。

博物館を出るとタクシーの運転手がいて、勧誘されましたが、なんだか胡散臭いし、言われた値段が5ドル(米ドルです)でかなり高い!

ふっかけられてると思い交渉しましたが、ちっとも折れる気配がなく、横暴な態度に腹が立ち彼に頼むのをやめました。

通りを出てタクシーを拾うと3000チャット(約330円)で連れて行ってくれました。

今のレートだと約半額です。

足元見られた~と思いました。

博物館の前にいる運転手には注意です!

ユニオン・バー・グリル
ユニオン・バー・グリル」に到着しました。

お洒落なグリル・バーです。

落ち着いた雰囲気でくつろぐことが出来ました。

少し高めですが、そういうところだと、外の喧騒からは離れて、ほっとする時間が手に入れられます。

ユニオン・バー・グリル
ホットココアを頼みました。

これで3ドル(約380円)だったけれど、ボトルのスパークリングウォーターを頼んだら8ドルでびっくりしました。

そんなもんでしょうか。

しかし雨が止みません、、。

ここから歩いてボータタウン・パヤーに向かおうかと思いましたが、諦めました。

 

しばしの休息の後、タクシーでRubyMartへ向かいます。

RubyMartは大き目のスーパーで地元民で賑わっていました。

1階は生鮮食品などがあり、くさかったです。
ルビーマート
縦長のスイカを発見!

上まで見て回りましたが、特に欲しいものもお土産に出来るようなお菓子も発見出来ず、、、。

そのせいか?再び、休憩をすることに!

歩いてサクラタワーへ向かいます。

-2015.8.13-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.