ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 バガン観光「パヤー(仏塔)・寺院めぐり」①(vol7)

WRITER
 
タラバー門
この記事を書いている人 - WRITER -

さてさて、イーバイクの旅の始まりです。

バガン観光「パヤー(仏塔)・寺院めぐり」

イーバイクに乗り、ニューバガンからオールドバガンへ向かいます。

オールドバガンまでは舗装道路で連絡されているので、その道に乗れば迷うことなく辿り着けますが、その道に行くまでに迷いました。

何せ、ニューバガンの外れにあるホテル出発だったので^^;

そこに住む人々の生活を感じながら、そして何気なくあるパヤーや寺院に感動しながら連絡道路を探しました。
バガン
迷ったとある道。

この後、連絡道路を発見します♪

 

オールドバガンまでは15~20分くらい。

まずは「ゴドーパリィン寺院」を目指します。

ゴドーパリィン寺院は、バガンで2番目に高い寺院です。
ゴドーパリィン寺院
これがゴドーパリィン寺院です。

入口の上に凝った装飾が施されています。

ゴドーパリィン寺院
ここで靴を脱ぎます。

靴下もダメなので裸足で寺院内へ入ります。

これは他の寺院、仏塔でも同じです。

太陽が照らされた石の上は熱い(本当に熱い!)ので注意してくださいね★

ゴドーパリィン寺院
狛犬らしきものもいました。

ゴドーパリィン寺院
安置されている仏像。

ちょっと特徴的な顔をされていますね。

寺院内の壁は白かったですが、ちょっと傷んでいました。

 

そして仏像の前のランプ。

何でしょう、気になりますね・・・。

後で聞いたところ、曜日ごとにランプがあるとかないとか。

ミャンマーの人達は自分が生まれた日の曜日を大事にするそうです。

ゴドーパリィン寺院
寺院内は回廊のようなものがあり、周囲を回れます。

周囲には黄金の仏像が安置されていました。

 

ところで、パヤーと寺院はどう違うのでしょう?

パヤーは仏塔を意味していて、仏舎利が納められているもの、寺院は本堂や礼拝堂内に仏像が安置されているのだそうです。

 

ゴドーパリィン寺院の後は、「プー・パヤー」を目指します。

プー・パヤーはエーヤワディー川(イラワジ川)沿いの小高いところに建っている円筒形の仏塔です。
プー・パヤー
これが「プー・パヤー」です。

黄金が眩しい!

エーヤワディ川
プー・パヤーからはエーヤワディ川を見渡すことが出来ます。

ここから見る夕日も撮っても綺麗だそうです。

プー・パヤー
プー・パヤーの入口で売られていたカニの唐揚げ。

プー・パヤー周辺
プー・パヤー周辺。

ここらで小腹が空いてきたので、お昼を食べることにします。

タラバー門辺りにレストランが集まっているので、タラバー門を目指します。

タラバー門を目指していたら、ちょっと面白い形のパヤーを見つけました。
マハーボディパヤー
マハーボディパヤー」です。

立方体をした本堂の上の装飾が手が込んでいてスゴイです。

小窓に仏像?が沢山並んでいて、その様子が圧巻です。
マハーボディパヤー
こんな感じ。

こちらが堂内の座像です。
マハーボディパヤー
周囲にもこんな感じで窓に仏像がいました。

一通り見たら、再びタラバー門へ向かいます。


タラバー門が見えてきました♪

タラバー門は、バガンの防備を固めるために築かれた城壁の名残です。

先ほどの写真は城壁の内側から。

タラバー門
こちらは城壁の外側です。

タラバー門はボロボロでしたが、雰囲気がありました。

この門、車通りが多いので写真を撮るときは注意してくださいね♪

お昼はこのタラバー門の近くにある「サラバー」で食べることにしました。

-2015.8.9-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.