ようこそ不思議の国:SEの世界へ

東北の旅~山形市内観光「文翔館」とか「七日町御殿堰」とか(vol7)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

旅の最終日は山形市内観光です。

本当は「山寺」に行きたかったのですが、生憎の雨で諦めることにしたのです。

小雨ならまだ良かったのですが、諦めるに申し分ないくらい降っていましたので、迷うことなく決断できてよかったのかもしれないですが、「山寺」行きたかったなぁ・・・。

山形市内観光「文翔館」→るろうに剣心でテンション上がる

立派な建物ですねぇ。

大正5年に完成した英国近世復興様式の建物だそうで、県庁舎や県会議事堂として使われていました。

昔の建物って味があるというか、重みがあるというか、近代ビルとは違いますよね。

それが歴史を感じるということなのかな。。

内観もシャンデリアやじゅうたんなど創建当時の姿を復原しているんですって。

なんだか豪華ですね。

そしてキター。

この建物内で「るろうに剣心」の撮影が行われていたんですって。

知っていました?

私は実は知りませんでした笑

でも、この映画は観ていたので、この案内で映画のシーンを鮮明に思い出しましたよ。

ここに佐藤健が来たんですね!←テンション上がる笑

この中庭でも撮影が行わたそうです。

雨じゃなかったら散策するのに・・・。

でも素敵な中庭ですねぇ。

昔の人はここで仕事の合間に休憩したりランチをしていたりしたのでしょうか。

いいなぁ。

さてさて話を戻すと、「山形県郷土館」というだけあって、館内では山形の歴史や文化が展示されていました。

そこにはあまり興味がない~という方も、この建物はとても素敵だったので、建物を見るだけでも価値があるかも。

こちらはホールですが、屋根のアーチ型もなんだか素敵ですよね。

それから雨の日には雨宿りもできていい感じです!

山形市内観光「七日町御殿堰」

文翔館の後、山形県立美術館に向かったのですが、なんと休館日で「七日町御殿堰」を散策することにしました。

雨も小ぶりになってきましたので。

七日町御殿堰とは、江戸時代に造られ、山形市内を流れていた水路・御殿堰を回収・復元して造られた商業施設なのだそうです。

町家風の建物が並んでいて、ここに飲食店や雑貨店が入っています。

趣のある街並みに見えます、が、思ったより小さかった笑(すみません!)

なんだろう、金沢の茶屋街を想像して行ったからかな。

普通の?街の中の一角だけこのような景色になっていたので余計に造られた感があったのですが、ちょっと休憩をするにはいい場所かも。

私たちもここにあった「庄司屋」でランチをすることにしました。

食べログの評価が高かったので笑

サラリーマンの方も多く、観光客だけでなく地元の方も来られるんですねぇ。

平日のお昼早めの時間に行ったので待つこともなかったです。

卵とじそばを美味しく頂きました。

さて帰ります。

雨のせいで?随分予定が狂いました。

まぁ、それはいつものことなので、出来ることを楽しみます。

山形市内を少しプラプラし、少し早めに帰路につくことにしました。

レンタカーを返して、新幹線の中で食べるスイーツを買って、帰る準備はバッチリです。

そういえば山形新幹線から以前宿泊した「時の宿すみれ」が見えることを思い出し、グーグルマップ片手にすみれを探しちゃいました。

久しぶりの旅でしたが、しっぽり良い旅でした。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

2021.10

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.