ようこそ不思議の国:SEの世界へ

東北の旅~出羽三山羽黒山を参拝!階段上った2446段(vol4)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

鶴岡の街を散策する間もなく(芋煮は食べた)、3日目は出羽三山の一つ、羽黒山へ向かいました~。

出羽三山の中心的存在「羽黒山」

「西の伊勢参り、東の奥参り」とも称されて多くの参拝者が訪れる羽黒山。

その入口はこちらの「随神門」です。

朱色が綺麗な門でした!

門をくぐると坂道を下ります。

下るの??(帰り上らなきゃいけないじゃん)って思ってしまいましたが、そうなっているのでしようがありません、道なりを進んでいきます。

右手に滝が見えてきました~。

この先、少し行くと存在感のある五重塔が見えてきます。

羽黒山五重塔。国宝らしい

杉並木に入ると現れる五重塔。

立派ですねぇ。

高さは29.9メートルあるそうです。

それがすごいのかどうなのか分からないのですが、平安中期に平将門によって創建されたと伝えられているそうです。

うん、それはすごそう笑

五重塔を見上げてみました。

貫禄がありますよね!

階段を上って上って羽黒山三神合祭殿へ

さて、気合を入れて階段を上って行きましょう。

杉並木の中を上っていくのですが、それがとっても気持ちいいんです!

見た感じ、そんなに急じゃないでしょう。

足を止めずにじゃんじゃん進んで行きます。

鼻歌を歌いながら、気持ちいい~。

うん??なんか急じゃない?!

ここが唯一怯んだ場所かも笑

急勾配の二の坂です!

とはいえ、本当に気持ちの良い空間だったので、思ったほどしんどくなかった。

しんどかったことを忘れているだけかな?!

でも全体的に「しんどかった~」っていうより「気持ちよかった~」という感じだったと思うのですよね。

だって、小さな子供たち(幼稚園の遠足だったのかな)も上っていたんですよ。

あっ、でもその子達の方が体が軽いから実は余裕だったりするのかな。

急勾配の坂を超えて、半分くらいでしょうか(←怪しい)。

さらに進んでいくと、

それらしきものが見えてきます!

もうすぐですよ~。

はい、山頂に到着!

見えているのが羽黒山三神合祭殿で、出羽三山の三柱の神を祭る社殿なんですって。

ここまでこられたことで、達成感がありますね。

というわけで・・・二の坂沿いにあった「二の坂茶屋」で「杵つき力餅」を食べて出羽三山を後にしたのでした。

ここからの眺めも良くて休憩にはもってこいの場所です。

階段は歩きやすいけど、歩きやすい靴がおすすめ

2446段という長い階段を上がっていくわけですが、階段は整備されていてとっても歩きやすいです。

だからといえ、ヒールのあるものなどは避けたほうがいいかも。

下が濡れていると滑ることもありますし。

やっぱりスニーカーなど歩きやすい靴がおすすめですよ~。

後は飲み物は持っていたほうがいいですね🎵

さて、羽黒山も満喫したことですし、蔵王温泉へ向かいます~。

やっぱり移動ばっかり笑

2021.10

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.