ようこそ不思議の国:SEの世界へ

東北の旅~グランクラスに乗ってみた!軽食・飲み放題再開で気分が上がる(vol1)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

コロナも落ち着いて来たので、フラッと出かけることにしました。

久しぶりの遠出の旅先は「東北」。

主人が「五能線の景色が見たい」と言い続けていたので(笑)

リゾートしらかみに乗るべく、まずはグランクラスに乗って青森へ向かいます🎵

グランクラスで青森へ

旅のスタートは東京駅!

久しぶりに見ましたよ、赤いレンガの建物を。

天気も上々なので、テンションも上がります。

さてさて、グランクラスとは

グランクラスとはJR東日本の東北新幹線、北海道新幹線、北陸新幹線、上越新幹線のみで運行している上質な空間で特別なおもてなしが受けられる車両です。

引用元:https://www.jalan.net/news/article/562923/

なのだそうです。

テレビでも特集されていたりしたので、前から気になっていなんですよね!

飛行機のファーストクラスに該当するだなんて、なんて素敵。

せっかくの機会なので思い切ってグランクラスに乗ってみることにしました。

グランクラスの優雅な空間

こちらがグランクラスの入り口です。

車両番号の横に「グランクラスのマーク」がついていますね。

それ以外はとくに変わりはありません(笑)

アテンダントが前で待っていてくれる?という記憶があったのですが、この日の東京駅はそんなことはありませんでした・・・。

7:32発の新青森行き。

これから楽しい旅の始まりです~。

グランクラスに入りました~!

本当に優雅な空間です。

じゃ~ん、こちらが座席です。

こんなにちゃんとしたシートに座るのは初めてかも。

しっかり「リクライニング」できそうだし、

足も伸ばせちゃいます。

収納されたテーブルを出してみると

いい感じ。

スリッパもペラペラではない!笑

飛行機みたいに扉がついた荷物入れもある~。

なんて、些細なことに感動していました。

しかも、私達を含めて乗客は5名ほど。

後ろを気にすることなく座席を倒して、優雅な旅の始まりです。

軽食とフリードリンクに感動

電車の旅で食べ物と飲み物がついてくる、という経験としたことがなかったので、なんだかすごく贅沢な気分です。

こちらが軽食のお弁当。

中を開けてみると~

季節の食材がギュッと詰まったお弁当になっていました。

この装い、季節は「秋」ですね🎵

欲を言えば機内食のように温かいと嬉しいなぁなんて思いましたが、でも、美味しくいただきましたよ。

その他にも「おかき」と「パウンドケーキ」がついてきました。

甘いものとしょっぱいもののコンビでNiceです笑

フリードリンクはこんな感じ。

アルコールも解禁になっていて、スパークリングワインも付いているんですねぇ。

私はコーヒーとハーブティーをヘビロテしていました。

そうそう、コーヒーなんですけど、私、東海道新幹線のコーヒーが大好きだったんです。

もう昔の記憶で怪しいのですが・・・かなり濃くてずっしり来る感じだったと思います。

なので、それを期待していましたが・・・意外と薄かった笑

これは完全に好みの問題なのでスルーしてください。

でも、あれ美味しかったよなぁ。

グランクラスはアテンダントさんがついてくれていて、飲み物を飲みたいときなど、いつでも対応してくださいます。

人に頼みなれていない私はドキドキしていましたが、新青森までの時間を優雅に過ごさせてもらいました。

そして、新幹線は新青森へ到着。

天気は上々。

そんなに寒くもない。

東北の旅の始まりです。

2021.10

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.