ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 ウィーン旧市街散策(Vol19)

WRITER
 
アンカー時計
この記事を書いている人 - WRITER -

さて、ウィーン旧市街散策の再開です。

ウィーン旧市街散策

カフェ・ザッハーでお茶をした後は、再び旧市街の散策に出かけます。

しかし、シュテファン寺院近辺はコスプレ?した人が多くてびっくりです(笑)

これ、モーツアルトかな。

まぁ、観光客目当ての客引き(劇場案内など)などですが、格好がウィーンらしくてちょっと面白かったです。

一緒に写真を撮ってもらいましたし☆
ウィーン

さて、気を取り直して、まずはアンカー時計を目指します。

シュテファン寺院の北側にあるフィアカー乗馬裏道を通って、ホーアーマルクト方面へ歩くと、そこにアンカー時計があります。
アンカー時計
これがアンカー時計です。

2つの建物を結ぶように、1917年に作られたそうです。

実はこのアンカー時計はからくり時計なのです。

アンカー時計に着いた時、この前にカメラを片手にした人達の人だかりが出来ていて、何事???とびっくりしたのですが、正午になるとからくり人形が動き出すそうで、タイミング良くその時間前に到着することが出来ました。

こんなに待っている人がいるのだから、さぞや見ごたえがあると思いきや・・・

 

正午になると、マリアテレジアをはじめ、ハイドンなどウィーンを代表する偉人達が音楽と共に1周するパレードが始まりました。

期待とは裏腹に、じっ地味・・・。

そして長い(笑)

 

周囲にもそんな気配の感じましたが、それでもパレードが終わると拍手が起こりました。

何の拍手でしょう。

やっと終わった?!でしょうか(笑)

でも今でもアンカー時計のからくりについて語れるのだから、きっととても印象に残ったからくり時計ということになりますね。

 

ホーアーマルクト広場には「結婚の泉」があります。
結婚の泉
これは1732年にヨーゼフ1世の結婚を祝福するために造られたものだそうです。

両側を道路に挟まれた真ん中に建っています。

正直、ふ~んという感じでした^^;

ちなみに、ホーアーマルクト広場は古代ローマ遺跡にも残るウィーン最古の広場で、かつては公開処刑場としても使われていたそうです。

さて、次はルプレヒト広場方面へ向かいます。

-2013.8.14-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.