ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 ウィーン旧市街散策(Vol20)

WRITER
 
マリア・アム・ゲシュターテ教会
この記事を書いている人 - WRITER -

アンカー時計を見た後は、ルプレヒト広場の方へと向かいます。

ウィーン旧市街散策

ルプレヒト広場には、現存する唯一のロマネスク教会「ルプレヒト教会」があるのです。

ルプレヒト教会は、緑の草木に囲まれて、ひっそりと建ってる静かな教会でした。

遠めでその教会を見ながら、小路をブラブラ歩き、旧市庁舎方面へ向かいます。

 

旧市庁舎」は1699年に建てられ、1883年まで市庁舎として使用されていましたが、今ではオフィスやお店が入っています。

旧市庁舎をソコソコ楽しんだ(眺めた)後は、そのままサルヴァトル小路を歩き、「マリア・アム・ゲシュターデ教会」へと向かいます。

 

マリア・アム・ゲシュターテ教会は、昔、この教会の横をドナウ川の支流が流れていたため、「岸辺のマリア」と呼ばれていたそうです。
マリア・アム・ゲシュターテ教会
マリア・アム・ゲシュターテ教会
教会の中は、人も少なく、太陽の光が差してステンドグラスがとても綺麗でした。

 

旧市街を一通り見終わった後は、「マンナー」へ行ってみます。

マンナーは、オーストリアの定番お土産の1つ、マンナー社のウエハースが置いてあるお店です。

定番のウエハースの他にも様々なグッズがありました。

夕方に行ったせいか?めちゃめちゃ混んでいました。

もちろん、お土産はGETしましたよ。

ウエハースですが。

 

さて、この日はもう1つの楽しみがありました。「ウィーン楽友協会ホール」にコンサートを聞きにいくのです。

コンサートと言っても、観光客用のコンサートなのですが、それがとても楽しみでした。

その内容は次回へ。

-2013.8.14-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.