ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 フライング気味の旧市街(Vol16)

WRITER
 
天満屋
この記事を書いている人 - WRITER -

ディナーはまさかの○○料理!

ちょっとだけ旧市街散策

シェーンブルン宮殿を楽しんだ後は、お腹も空いてきたので、ウィーンの街の中心地へ向かうことにしました。

シェーンブルン宮殿から地下鉄U4線に乗り、ウィーンミッテ駅で降ります。

ウィーンミッテ駅からシュテファン寺院の方へ向かって歩いてみました。

シュテファン寺院は翌日の楽しみに取っておきたかったのですが、逸る気持ちは抑えられませんでした(笑)
シュテファン寺院
これがシュテファン寺院です。

なるべく見ないようにと思いましたが、やはり目立ちます!

明日の楽しみどころではなく、しっかり見てしまいました、、、。

 

さてお腹も空いてきました。

この辺り、ぽつぽつ食べ物屋さんがありましたが、プラハから始まった旅でずっとお肉続きというか洋食続きでやっぱり食べたくなってしまいました。

日本食が・・・。

 

そこで発見したのが、道を入ったところにあった「天満屋」です!

え~こんな所に!とびっくりしましたが、どうやらあの岡山を本拠地とする同名の百貨店が経営する和食店のようです。

なんか懐かしい。

思わず入ってしまいました。

そして注文したものがこちら
天満屋
うどん&ミニ鉄火丼です。

見ただけでホッとします。

これで15ユーロです。

ちょっと高いけれど、疲れた体&胃には優しく感じました。

そして美味しかったです。

 

日本人の方も多く見かけました。

年配の方が多かったかも。

やっぱり食べたくなるのですかね。

日本食が^^

さて明日に備えてホテルに帰るとしましょう。

-2013.8.13-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.