ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 ヴァーツラフ広場散策(Vol3)

WRITER
 
チェコ 国立博物館
この記事を書いている人 - WRITER -

ヴァーツラフ広場を散策するため、ムゼウム駅へと向かいます。

ヴァーツラフ広場散策

ヴァーツラフ広場は博物館、Cafe、ビアホールなど見どころが広く点在する場所です。

ムゼウム駅から出るとすぐに「国立博物館」があります。
チェコ 国立博物館
この国立博物館の正面の階段を上るとヴァーツラフ広場全体が見渡せます。
ヴァーツラフ広場
広場というより、両側にはお店が連なっている広い自動車道?という感じでしょうか?!

ここはプラハ1番の繁華街なのだそうです。

繁華街と思ってみると、派手ではなくちょっと地味かもしれません。

けれどそれがしっくりくる街でした。

夏だけれど、ちょっと秋のような気候の中、街の空気を思い切り吸いたくなるような場所でした。

 

さて、散策をしてみましょう。

上の写真にもあるヴァーツラフ騎馬像を超えると、「プラハの春」の後、抑圧に抵抗して命を絶った2人の青年の写真が飾られている共産主義犠牲者の記念碑があります。
プラハの春 記念碑

街にはカジノもあるらしく、ユーロの札がショーケースを舞っています。
ヴァーツラフ広場

スーパーのような場所もあります。
ヴァーツラフ広場

そして、ムーステク駅を左に曲がり、雪の聖母教会まで行くと、チェコでしか見ることのできない「キュビズム様式」の「ユングマン広場の街灯」が建っています。
ユングマン広場の街灯
なんでしょう、ちょっとユニークな形ですが、すみません、私にはこれがすごい!とか分かりませんでした・・・。

ともかくもゆっくり歩きながら街歩きを楽しめました♪

-2013.8.10-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.