ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 「ウ・メドヴィードクー」とチェコの食事情(Vol9)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

旅したらやっぱりその土地のものが食べたくなります。

現地の方がそれを毎日食べているか?と言われると違うかもしれませんが、代表するものはとりあえず味わってみたいものです^^

チェコでの食事

チェコ料理って?

イメージ、ビールとお肉でしょうか。


こんな感じ?

ヴェブショクネドロゼロ」(多分・・・)豚肉のローストにクネドリーキ、ザワークラフト などなど。

私はクネドリーキ(ジャガイモのスライスみたいなの)というものを初めて食べました。

クネドリーキは小麦粉またはジャガイモを練って、湯でたり蒸したりしたものだそうです。

味は、そのままな感じかな。

 

そして歩いていたら気になったのがコレ。

トルデルニータ

こうやって至る所で焼いています。

中の筒を抜くとこんな感じ。

焼き菓子で、シナモン、アーモンドなどのトッピングがあります。

これ、意外に美味しいかったです!

 

そしてやっぱりビールでしょうか。
国民1人辺りの年間ビール消費量が世界1というビール大国のチェコで飲んだのは、コレ。

世界最高12.60度のビール「X-BEER33」ビールは苦いというイメージからはかけ離れた、「甘く濃い」熟成したワインのようでした。

これが飲めるお店は「ウ・メドヴィードクー」です。

観光向けのお店かと料理はあまり期待していませんでしたが、なんと美味しかったです★

この豚肉料理、この旅を通じて1番美味しかったかも!

旅中、私を悩ます?のがコーヒーです。

日本の常識が通じない飲み物の1つと言っていいかもしれません^^;

アイスコーヒーを頼んだら、アイスとホイップが浮いているのが出てきた。

私はブラックが飲みたいんじゃい。

でも、コーヒーまで甘くなくて良かった、、、。

食べ物っておもしろい。

-2013.08-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.