ようこそ不思議の国:SEの世界へ

Linuxで「.」とか「..」の意味は何?特別なディレクトリ表現方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

覚えた!と思ってもいつも混乱してしまうのですよね・・・

.」とか「..」とか「/」などなど

「.」とか「..」は特別なディレクトリの表現方法

それぞれこのような意味を持っています。

特別なディレクトリの表現方法

「.」:カレントディレクトリ

「‥」:1つ上の階層のディレクトリ

「/」:ルートディレクトリ。またはディレクトリ同士の上位・下位の関係

「~」:ホームディレクトリ

カレントディレクトリ」とは、「今現在、自分がいるディレクトリ」のことです。

ルートディレクトリ」とは、すべてのディレクトリの一番上(最上流)に位置するディレクトリのことです。

「/」という一文字でディレクトリのことを表しているんですね。

ホームディレクトリ」とは、「ログインした直後にいる場所」です。

例えば、ハナコ(ユーザ名:hanako)さんがログインしたとしましょう。

ログイン直後はだいたいの場合、「/home/hanako」のように、「/home/ユーザ名」というディレクトリにいると思います。

ここがホームディレクトリです。

こんなイメージです。

ユーザ「hanako」のホームディレクトリはピンクの網掛け部分になります。

「cd」コマンドなどで使える

これらの特殊なディレクトリ表現方法は、「cd」(チェンジディレクトリ)するときなどに使えます。

例えば、カレントディレクトリが「/home/hanako」だった場合、1つ上の階層に行くために

とコマンドを入力すると、「/home」へ移動(カレントディレクトリが「/home」にチェンジ)します。

ホームディレクトリへ戻りたい場合は、

とコマンドを入力すると、「ホームディレクトリ」へ移動します。

ちなみにこの「~」を入力する方法ですが、右上にある平仮名の「へ」のキーに「~」が書かれていると思います。

「Shift」キーを押しながら「へ」のキーを押してみてください。

入力できましたでしょうか?ね。

話がそれてしまいましたが・・・続きを。

ルートディレクトリに行きたいなと思ったら、

とコマンドを入力すると、どこにいても「ルート」へ移動します。

ワープしているみたいですね(笑)

今どこにいるかわからなくなったら「pwd」で居場所を表示

チェンジディレクトリを繰り返していて、今どこにいるかわからなくなったら、「pwd」というコマンドを入力してみましょう。

すると次の行に「現在の自分がいる場所(カレントディレクトリ)」が表示されているハズです。

例えばこのような感じです。

私は、「/home」にいるんだな、と分かります。

バッチリでしょうか、ね。

ここでちゃんと理解しておくと、相対パスを使った操作で混乱しなくなると思います!

(私はいつも混乱していました・・・。)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.