ようこそ不思議の国:SEの世界へ

台湾旅行記 憧れの「九份」へ(vol3)

WRITER
 
九份
この記事を書いている人 - WRITER -

いつかは行ってみたいと思っていた場所「九份」にとうとう行くことが出来ました。

憧れの場所「九份」へ

ここは宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」のヒントを得たという噂が高まって人気となったエリアです。

九份へは台北から台北鉄道に乗って瑞芳駅へ、そこからバスに乗り換えて向かいます。
瑞芳駅
なぜかとった標識。

九份は台北から少し離れていますが、そんなに不便は感じませんでした。

 

九份は、「ノスタルジックな雰囲気」と、ガイドブックに書かれていたけれど、「ノスタルジック」がピンとこなくて、珍しく辞書を引いてみました。

「故郷をなつかしみ恋しがること」

うん、なるほど、ちょっと切なく、でも心の奥底でちょっと憧れのある、九份にはそんな雰囲気があります。

九份は坂と階段の街でした。

そんな街を言葉すくなにそぞろ歩きを楽しみます。
九份
着いた時間が早かったのか、まだ開店前?!静かな雰囲気でした。

九份
何でしょう、店頭にあった枝豆?!が気になって撮ってみました。

美味しそうです♪

九份
味のあるお面が沢山飾ってあります。

イチイチ楽しめます。

九份
思わず覗きたくなるようなお店です。


上までくるとこんなに眺めがいいんです!

そして~!
九份
ここです!ここを生で見たかったのです。なんかちょっと切なく、昔を想いだす雰囲気じゃないですか?!とにかく素敵でした。

夜はライトアップされているようで、それはそれでとても綺麗だと思います。

ライトアップも見たかったなぁ。


そして、阿柑姨芋圓の芋圓を頂きました。

「芋」ってと思いましたが(笑)なかなか美味しかったです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.