ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 カンパ島「ジョン・レノンの壁」(Vol8)

WRITER
 
ジョンレノンの壁
この記事を書いている人 - WRITER -

ガイドブックに載っていて気になった場所を訪れました。

ジョン・レノンの壁

帰り道、カンパ島に寄り道します。

カンパ島はモルダウ川の中洲に出来た散歩道です。

カレル橋の途中に階段があり、それを下るとカンパ島です。

古い水車や、緑の公園やレストラン、プチホテルなどがあります。モルダウ川からの風が心地良かったです。

 

ここに来たのは見たいものがあったからです。

それは「ジョン・レノンの壁」です。

フランス大使館を目指し歩いていたら、その前にちょっとした人だかりがあったので、直ぐに分かりました。
ジョンレノンの壁
これは1980年12月8日、ジョン・レノンが暗殺されたのをきっかけに、若者達が彼の詩を壁に書きつけたのが始まりだったそうです。

抑圧された共産主義時代の人々の叫びが綴ってあるようです。

オノ・ヨーコさんもプラハを訪れたときに、メッセージを残しているそうで、それをしっかり探してきましたよ。

ここだけ、色鮮やかでエネルギッシュな場所でした。

カンパ島はゆっくりとした時間が流れている場所でした。

-2013.08.11-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.