ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ネパール旅行記 ヒマラヤの展望を期待して「ナガルコット」へ(vol8)

WRITER
 
ナガルコット
この記事を書いている人 - WRITER -

カトマンズではちっとも見えなかったヒマラヤ(曇っていたので)。

ヒマラヤの展望を期待してナガルコットへ向かったが・・・

ナガルコットへ

朝9時、ドライバーさんとガイドさんがホテルまで迎えに来てくれた。

カトマンズから東へ約35キロの所に「ナガルコット」がある。

ナガルコットへ行くまでの道はかなり粗かった。
ネパール
むき出しのガソリンスタンド。

こんな感じでむき出しで粗削りの場所が多い。

舗装されていないから、砂煙もすごく、車の中でもマスクをつけていた。

 

そんな舗装されていない道をドライバーさんはガンガン飛ばす。

粗い道もくねくねの道もお構いなしで飛ばす。

こっちは恐怖だが、ドライバーさんは楽しんでいるようだ。

運転は上手かったから良しとしよう。

そして約1時間半、ナガルコットに到着した。

やっとヒマラヤの展望が~!見えなかった、、、。
ナガルコット
なんでこんなに曇ってるのよ~!

雨期だから見れないだろうなぁと思いつつ、もしかしてと淡い期待もあったので、かなり残念だった・・・。

目を凝らしても見えるわけではないし、あきらめて近くのViewPointホテルでランチを食べることにする。
ナガルコット
ここでもカレーを頂いた。

ランチを食べている間に雲が晴れないかなと思ったが、そんなことはなく、やっぱり曇ったままだった。

ナガルコット
下は見えるが遠くは見えない。

ちなみにナガルコットを訪れるのに良い時期は10月~3月だそうだ。

そして展望が特に美しいのは早朝で朝日に染まるヒマラヤが綺麗なのだそう。

 

ランチを食べた後、ヒマラヤを見るのは諦めて、ガイドさんと1時間ばかりトレッキングを楽しむ。

トレッキングと言っても、車で上って来た道を下るだけ。

けれど、それでもトレッキングだからと私はばっちりスニーカーを履いてきたのに、ガイドさんはサンダル。

あぁ、それでもイケルンダ。

トレッキングはすごく気持ちよかった。
ナガルコット
こんな長閑な景色を見ながら、

ナガルコット
民家を通り抜け、進んでいく。

ナガルコット

道があるようなないような。

ガイドさんが居なかったら確実に迷ってしまう、そんな道を通りながらガイドさんが色々話しかけてくれた。

ガイドさんは日本に憧れているようで、日本に行けば今よりももっといい生活が出来ると信じている。

日本に憧れている人がいて私は嬉しく思ったけれど、いい生活が出来るかは分からないよな~、なんて自然に囲まれた道を下りながらしんみりと考えていた。

ナガルコット
自然の中を歩いていると、ここがネパールなのか日本なのか分からなくなってしまう。

ヒマラヤが見えてたら別だったのかな(笑)とにかく気持ちよい時間だった。

下ったとある場所でドライバーさんが待っていてくれ、そこからバクタプルへ向かう。

-2012.07.24-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.