ようこそ不思議の国:SEの世界へ

スリランカ旅行記 古都キャンディへ(vol13)

WRITER
 
仏歯寺
この記事を書いている人 - WRITER -

いよいよ世界遺産である古都キャンディへ。

スリランカの旅もいよいよ終わりに向かいます。

古都「キャンディ」へ

スパイスガーデンの後は、スリランカの古都「キャンディ」に言ってきました。

キャンディの町は、標高300メートルほどのなだらかな山々に囲まれている盆地にあります。

だからか、ここは違う時間が流れているかのような穏やかさがありました。

 

ここは北に栄えていたシンハラ王朝が、インドからの侵入者に追われて、南へ移動を続け、最後の地として選んだ場所でした。

周囲の山々が敵の侵入を防ぐのには絶好で、イギリスによって滅ぼされるまで、300年以上もの間、ここにシンハラ文化が栄えたそうです。

キャンディ

キャンディ

分かりにくいですが、上から見たキャンディの町。

どこか穏やかで優しい感じがします。

キャンディの見所「仏歯寺」を訪れました。

仏歯寺は仏陀の歯(仏歯)が奉納されています。

紀元前543年にインドで仏陀が火葬された時、その中からやっと手に入れたものだそうです。

スリランカでは仏歯を重要なものとして扱ってきたそうです。

王権者の象徴であり、仏歯のある所が都の置かれる場所とされてきました。

 

では仏歯寺へと向かいます。仏陀寺の入場料は1000RSで、入口ではセキュリティチェックがあります。

ちょうど雨も降ってきて物々しい感じでした。

仏歯寺

仏歯寺

人は多かったですが、こんな感じで広かったので、窮屈さは感じませんでした。

仏歯寺

仏歯寺

仏歯寺にある八角形の堂。

仏歯寺

仏歯寺

仏歯寺の入口は鮮やかな壁画が描かれています。もちろん靴は脱いで入ります。

仏歯寺

仏歯寺

仏歯寺は夜明けから開門されていて、参拝は自由ですが、仏歯が祭られている部屋は1日3回のプージャ(仏への礼拝)の時間のみです。

ちょうどその時間に訪れることが出来ませんでしたが、その分、混み合っていなくゆっくりと観る事が出来ました。

仏歯寺

仏歯寺

仏陀は88歳?で亡くなられたのに、像は年老いたものがないそうです。

また像も国によって違うそうです。

スリランカの仏陀は頭が10%、体が90%なのだそうです。

そんなガイドさんの説明を聞きながら、思ったより広かった、仏陀を時間をかけて巡りました。

-2014.5.4-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2014 All Rights Reserved.