ようこそ不思議の国:SEの世界へ

タヒチ旅行記 ボラボラ島「ル・メリディアン③」(vol5)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の記事でメリディアンは「ちょっと目をつむればとても快適」というようなことを書きました。

今回はちょっと目をつむったこと(笑)を書きたいと思います。

ル・メリディアンのこと

 

水上バンガローに憧れいる人は沢山いらっしゃると思います。

その水上バンガローって実際どんなイメージですか?

 

室内のガラス張り床からは、小さく可愛い魚達が沢山泳いでいるとか、バルコニーからパンくずを投げれば魚達が寄ってくるとか???

 

まず、メリディアンは珊瑚があまり育っていなく、魚が少ないのだそうです。

特に私は水上バンガローの先頭に泊まったので水深が深く、ほとんど魚を見ることはありませんでした。

細長い魚とエイを見たくらいです。

あっ、エイを見れたのは良かったです。

 

足がつかなかったので、ビビリな私はライフジャケットを着けて泳いでいました(笑)

時々、潮の流れが速くなりちょっと怖かったのです。

 

魚はホテルの中洲にはいます。

なので、そこに行けば魚を見ながら泳ぐことは出来ます。

もし色とりどりの魚をバンガローから見たいのなら、ホテルを選ばれた方がいいかもしれません。

浅瀬で珊瑚が育っているところがいいらしいですよ。

口コミチェックですね(笑)

 

水上バンガローは波に打たれて揺れます。

沖の方にある部屋だったからかもしれませんが、常に揺れていました。

 

ホテルの食事は美味しいのですが、びっくりするくらい高いです。

夜のバイキングでも、8,000xpf(この時1xpf=1.39yen)でした。(私の感覚ですが、物価は全体的に高いです。)

心配なら、食事付きのプランをおすすめします♪

 

部屋のバルコニーに繋がる前面ガラス張りの窓が閉まらず困りました。

チェックアウト時の会計で、頼んでいないものが計上されていました。

ので、ちゃんとチェックしてくださいね。

 

なんてツラツラ書いてしまいましたが、これらがあっても全く気にならないくらい最高の時間でした!

自然のすごさに勝るものはありません。

日本のサービスがすごすぎるんです。

小さなことは気にしないで楽しんでもらいたいと思います♪

wpid-dsc_1081.jpg
プライベートビーチより、オテマヌ山を一望♪

wpid-dsc_1076.jpg
自然と笑顔があふれるこの景色☆

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.