ようこそ不思議の国:SEの世界へ

タヒチ旅行記 ボラボラ島 ジープサファリのガイドさんに聞いたボラボラのコト①(vol8)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ボラボラ島のことが知りたくて、ガイドさんにたくさん質問をしちゃいました。

ガイドさんに聞いたことを紹介しますね!

ジープサファリのガイドさんに聞いたボラボラ島のこと

vaitape5
綺麗な景色を眺めながら、のどかな街並みを通りぬけ、ジープサファリツアーはとても楽しい時間でした。

 

私は旅先でロコな人たちがどんな生活を送っているか、とても気になるんです。

だからガイドさんがいればその疑問を直接聞いてみます。

今回はジープサファリのガイドさんに色々聞いてみました。

 

~ガイドさんとのトーク~

ボラボラ島民は約9000人、そのうち犬が6000匹。

確かに犬は多かった。

 

ボラボラ島には高校はなく、進学する場合はとなりの島へ行くのだそうです。

行く場合は寮へ入ります。

高校までは学費は無料。

大学へ進学する場合は本島へ行くそうです。

ここでいう本島というのはタヒチ島の事です。

進学率は2割くらい。

 

主なというか殆どが観光業で農業・漁業はほとんどしている人はいません。

 

主食は米・イモなど。

魚は獲れるので新鮮ですが、そのほかは輸入です。

肉はオーストラリア・ニュージーランドから。

わー!日本と同じ(笑)

 

タヒチで有名なタヒチBeerとハイネケンは、タヒチ島の同じ工場で作られているそうです。

材料を輸入して造るのだそうです。

なんだか衝撃☆

 

ホテルは古い方が珊瑚が育っていて魚が多いそうです。

古いから多いのか浅瀬だから多いのか、とにかくメリディアンには魚が少ない(笑)

ガイドさんもメリディアンは少ないと言っていました。

 

ボラボラ島には娯楽もないし、洋服もTシャツとかサンダルとかでOKだから、住民はとにかくお金を使わないのだそうです。

使うとすれば・・・

「食費」というか食費が1番使っているそうです。

だからか・・・みんなよく食べるしよく飲みます。

 

娯楽はないといっても、周囲の島で人口が増えているのはボラボラ島だけなのだそうです。

外国人も来るし、よその島から移り住んでくる人もいる。

何もないけど、豊かな島だなと思う。

matelira
ここはマティラ岬。

海もそうだけれど、夕日がきれいな場所としても有名です。

が、現地の人を1人も見かけない・・・

どうやらみんな暑いから家の中にいるんじゃない?と

で、タブレットで遊んでるんだとさ。。。

 

こんなに綺麗な海があるのにもったいない!

けど、それは私が非日常の世界にいるからなんだよね。

(長くなったので次へ続く)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.