ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 世界遺産「ヴァッハウ渓谷」(Vol23)

WRITER
 
ヴァッハウ渓谷
この記事を書いている人 - WRITER -

さていよいよヴァッハウ渓谷です。

ヴァッハウ渓谷

メルク修道院から、少し歩くと船着場に到着します。

少し分かりにくかったので途中で聞きながら向かいました。

そういえば、船着場のお手洗いは故障していて、近くのガソリンスタンドのお手洗いを借りました。

ヴァッハウ渓谷
この辺りが船着場です。

この船に乗ったと言いたいところですが、この後に来た船に乗りました(自分が乗った船の写真が残っていなかった・・・)。

 

クルーズはメルク~クレムスまででしたが、「デュルンシュタイン」で下船することにしました。

デュルンシュタインにあるケーリンガー城跡に行ってみたかったからです。
ヴァッハウ渓谷

ヴァッハウ渓谷はとても雄大でした。

川の両岸の小高い所にお城が見えたり、ぶどう畑が見えたりと移り行く景色も楽しめます。

また、川岸をサイクリングしている人を数多く見かけました。
ヴァッハウ渓谷
ヴァッハウ渓谷

ぼぉ~っとしながら優雅な時間を楽しみました♪

さて、デュルンシュタインに到着です。
デュルンシュタイン
これは15世紀に建設された修道院です。
デュルンシュタイン
長閑な景色が広がる小さな街でした。

ケーリンガー城跡へと向かいます。

デュルンシュタイン
途中は可愛らしい花が道を飾り、楽しみながらの散策でしたが・・・途中から登りがキツカッタ・・・。

登るにつれ、高所への恐怖も出てきて、結構必死で登っていました。
(あっ、私は高所恐怖症なので、怖がっているだけで、皆は平気そうでしたよ)

ですが!登った先の景色は壮大でとぉ~~っっても素敵でした!
ヴァッハウ渓谷
ヴァッハウ渓谷
緑に囲まれ、流れるドナウ川、そしてその上を行き交う船、周辺のぶどう畑などしばらくぼぉ~っと眺めていました。

ねっ、素敵でしょ。

登りは大変でしたが、行く価値はあると思います。

 

ヴァッハウ渓谷の雄大な景色を楽しんだ後、デュルンシュタイン駅からクレムスの駅まで向かう予定が・・・15:30の次が18:30で、電車がこない・・・。

電車の時間を調べなかったのが悪かったのですが、ここまで来ないとは・・・。

バスは1時間に1本出ていたので、バスでクレムスの駅まで向かいましたとさ。

電車の時間にはご注意を!

-2013.8.15-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.