ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ミャンマー旅行記 バガン「ルビートゥルーホテル(RUBY TRUE HOTEL)」(vol5)

WRITER
 
RUBY TRUE hotel
この記事を書いている人 - WRITER -

飛行機から見えた景色にワクワクしたバガン。

まずはホテルへと向かいます。

ルビートゥルーホテル(RUBY TRUE HOTEL)へ

バガンに到着後、迎えに来てくれていたガイドさんと共に車でホテルへ向かいます。

午前中からチェックインしてくれるなんてありがたいことです。
(今がローシーズンだから?!)

ホテルはニューバガンにある「RUBY TRUE HOTEL」です。

 

バガンは大きく3つのエリアに分かれています。

空港がありバガンの玄関口となっているニャウンウー、考古学保護区になっているオールドバガン、考古学保護区に指定された事によりそこから追い出された住民たちの転居先となったのニューバガンです。

仏塔建築群はオールドバガンに集中しています。

ホテルはニャウンウーから車で約30分くらいの場所ありました。ここ↓

しかし、街の外れだ。。。

街の外れなだけあって、いい意味で落ち着いた場所でした。
RUBY TRUE hotel
これが外観。なかなかいい感じでしょ?!

お部屋は離れにあり、1棟ずつ分かれています。

これが行くまでの道。
RUBY TRUE hotel

ここが入り口です。
RUBY TRUE hotel

ここから部屋に入ります。
RUBY TRUE hotel (4)

お部屋はこんな感じ。
RUBY TRUE hotel

何というか、遠目から見るといい感じなのですが、全体的にボロイ(笑)

まぁ、それも予想した範囲内なのでOK。

だけど、部屋に入ったらすぐにお湯が出るか確認しちゃいました(笑)

あっ、お湯はちゃんと出ましたよ。

 

そうそう、事前で口コミをチェックしたら「蚊」が多いと書いてあったので、アマゾンで「蚊帳」を購入して持ってきちゃいました。

蚊取り線香も!寝れないストレスに比べれば安いものです。

壁が竹細工のようになっていたので、何とか蚊帳を括り付けその中で寝ました。

実際に蚊はいましたが、全く気にすることなく快適に眠れました♪

 

このルビートゥルーホテル、朝ごはんのお粥がとっても美味しかったです。

ビュッフェ式ではなく、作られたものが運ばれてくるのですが、お粥が出ていたのは私たちのテーブルだけでした。

欧米人のテーブルにはパンが多く出されていたので、日本人?アジア人?の特別メニューだったようです。

ありがたいです。
RUBY TRUE HOTEL
美味しそうでしょ★

さて、荷物も置いてバガン観光に出かけましょう!

まずは、バガン観光の心強い味方、E-bikeをレンタルします~。

-2015.8.9-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.