ようこそ不思議の国:SEの世界へ

モンブラン食べ歩き!話題のお店や美味しいお店一覧

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

モンブラン好きの主人の影響で、モンブランを食べる機会が増えました。

堪能した中で、気になったものを独断と偏見で追加&紹介していきますね!

自由が丘:高級和栗モンブラン専門店 栗歩

自由が丘にある話題のお店「栗歩」のモンブランです。

すっごく大きいですよね。

「高級和栗モンブラン専門店」なだけあって、こちらのモンブラン1,980円になります。

1つのケーキに1,000円以上も払うの~??なんて、登場したときはびっくりしましたが、このレベルだとそうだよねぇ、なんて最近はちょっと納得したりしています。

「栗歩」では、目の前でマロンペーストを絞ってくれます。

中身はスポンジ・マロンクリーム・メレンゲ・生クリーム・チョコクランチ。

そしてこの上からマロンペーストが絞られていきます。

写真を撮るタイミングが悪くて、もう終わった後になってしまっていますが(笑)、た~っぷり絞られていきます。

そして上から栗をスライスして出来上がり♪

かなりボリュームがあって、タベラレナイヨ・・・と思いましたが、大丈夫です!

メレンゲはサクサクで、マロンペーストも甘ったるくないので、ペロリといけちゃいます。

美味しかったですが、まぁこのパフォーマンスも見られたし、私は1回でいいかなって思いました(すみません!)。

自由が丘にこのお店が出来た頃は、テレビにも取り上げられて行列も出来ていたようですが、現在はコロナの影響もあってか予約も取りやすいですし、並んでいる様子もなく落ち着いていましたよ。

高級和栗モンブラン専門店 栗歩

渋谷:MORI YOSHIDA PARIS <モリ・ヨシダ・パリ>

渋谷スクランブルスクエアの中に入っている「MORI YOSHIDA PARIS <モリ・ヨシダ・パリ>」。

日本初出店だとかで開店当初は大行列だったようですが、最近は落ち着いているようです。

私が行ったときも、並んでいる人は2、3人位でした。

たまに覗いてみても、数人並んでいる程度ですごい行列は出来ていないです。(たまたま?)

とはいえ、生菓子はモンブランのみで、否が応でも期待が高まります。

それにこの形がとっても印象的ですよね!

なんかクリスマスツリーのよう(笑)

ちょっと高級感があります。

このモンブランのお値段は918円。

なかなかな値段ですね!

そして味は・・・美味しかったです(笑)

すみません・・・ボキャブラリーがなくて。

なんかすごい特徴があったわけではなく、普通に美味しかったというのが印象でした。

でも、この見た目が素敵なのでお土産など喜ばれると思います。

MORI YOSHIDA PARIS <モリ・ヨシダ・パリ>

元住吉:Mui

元住吉のちょっとおしゃれなカフェ「Mui」のモンブラン・・・というか栗のミルフィーユです。

モンブランの部類に入れるのは微妙なのかもしれませんが、ちょっとオシャレだったので、つい(笑)。

しっかり焼き上げたパイとピスタチオの生クリームでデコレーションされています。

中にはカスタードクリームも入っています。

パイと栗がなんだかマッチしていて美味しかったです。

Mui

グラマシーニューヨークのロッキーマウンテンハイ

こちらはグラマシーニューヨークの「ロッキーマウンテンハイ」です。

インディアン小屋をモチーフにしたものだそうです。

高く巻かれたマロンペーストの周りの長いスティック状のチョコレートがオシャレですね。

はい、こちらは見た目がステキで買いました(笑)。

濃厚なマロンクリームの中は、生クリーム、カスタードクリーム(カスタードのババロア?)、薄いスポンジ、栗が入っています。

主人に言わせると「甘うまかった」とのことです(笑)

ウェスティンホテル東京の秋限定モンブラン

2021.9.1(水)から2021.11.30(火)まで、期間限定のモンブランが登場する!と聞いたので、早速行ってきました~。

入り口を入って左手にある「ウェスティンデリ」で販売されています。

種類は↓の5種類。

  • ほうじ茶のスフレチーズモンブランスタイル 1,050円
  • モンブラン ピスタチオ 1,050円
  • バニラクリーム クランブル マロンクリーム 1,050円
  • フロマージュブランとりんごのモンブラン 850円
  • スペシャルモンブラン 800円

私は「モンブラン ピスタチオ」が食べたかったのですが・・・すでに売り切れとのことで、泣く泣く「フロマージュブランとりんごのモンブラン」に_| ̄|○ il||li

まぁ、しょうがない、気持ちを切り替えて、モンブランをいただきます。

包み紙をとってみると上の写真の「フロマージュブランとりんごのモンブラン」が登場します。

とっても上品な感じです。

味はりんごの味が結構しっかりしています。

中に、固形のりんご(焼いたもの?)が入っていたからかな。

栗の味よりもりんごの味の方が強かったように思いました(笑)。

このモンブラン自体は美味しかったのですが、、、ただ、私の苦手なレーズンが入っていて・・・・割とテンションが下がりました(笑)。

これは好みの問題なので、レーズンが好きな人にはきっと満足のいくモンブランだったと思います。

こちらは、「バニラクリーム クランブル マロンクリーム」のモンブラン。

主人が頼んだものです。

中のクリームが濃厚(甘く)で、ちょっとお酒の味がしたと言っておりました。

お取り寄せ:小布施の朱雀モンブラン

モンブランと言えば、「小布施」は有名ですよね。

その小布施町から「ふるさと納税」でお取り寄せした「朱雀モンブラン」です。

すごい存在感がありますね!!

こちらは見た目通り、中もぎっしりで(この表現正しいのかな?(笑))、これ1つでお腹がいっぱいになります!

ワタシ的には1つを2人で分けるのがちょうどよい感じでした。

中身はこんな感じです。(下手ですみません・・・)

栗のペーストもたっぷりですね。

栗の餡とクリーム、カットされた栗が入っています。

栗づくし~。

冷凍で届くのですが、個人的にはどのモンブランよりも美味しかったです!

名前にやられてる??(笑)

でも、満足の一品でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

食べてみたいと思われたものが見つかったのなら嬉しいです。

これ以上に吟味したものがあるのですが、どうもマメでなく、写真も残っていなかったので、これからこれは!というものが見つかったらどんどん追記していきますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.