ようこそ不思議の国:SEの世界へ

ロジクール「ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS」がおすすめ!その使い心地とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

まさか、こんなにも使い心地が気持ち良いキーボードに出会えると思っていませんでした。

そんなロジクール「ワイヤレスキーボードKX800 MX KEYS」のレビューをしてみたいと思います。(あくまで主観です)

ロジクール「ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS」がおすすめ!

引用元:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/keyboards/mx-keys-wireless-keyboard.920-009299.html

キーボード購入のきっかけは「在宅勤務」が始まったことでした。

家用のデスクトップPCと仕事用のノートPCが並び、机の上がごちゃごちゃして仕事がしづらい上に見た目も良くなかったので、1台を切り替えて使えるキーボードを探して行き着いた先が、ロジクールの「ワイヤレスキーボードKX800 MX KEYS」でした。

なんてあたかも自分が見つけたような書き方ですが、主人が先にちょっと違うモデルのロジクール製品を使っていたので、それを真似しただけなんですけどね(笑)

実際、値段も今まで使っていたものの約5倍(今までもワイヤレスキーボードでしたが、3,000円くらいだったと思います)、私にとっては奮発だったのでちょっとドキドキ💓でしたが、結果、とてもいい買い物でした!

それではその理由をつらつら書いてみようと思います。

触り心地が最高に良い!

キーボードって個人の好みが結構はっきりするものだと思いますが、その中でも触り心地は最たるものだと思います。

なので私の主観になってしまいますが・・・

「MX KEYS」はとにかく触り心地が最高に良い

なんでしょう、指にしっくり馴染む感じがあります。

キータッチは、「カタカタ」ではなく「ペタペタ」な感じ?

ちょっと質の高い音がします。

というのも、こんな風にキーボードが薄いのです。

厚みがあってカタカタ言うのが好みな方はちょっと物足りないかもしれません。

でも、この指に馴染む感覚はなんとも言えないくらいに心地よいです。

端末の切り替えが素早い!

このキーボードに、「家用のPC」「仕事用のPC」「iPhone」を紐付けています。(MAX3台まで登録することができます)

一番上の番号が書いてるキーを押すことで各端末を切り替えることができます。

この切替ですが、本当に押した瞬間に切り替わります!

切り替えるキーボードを使ったのが初めてだったので、これが当たり前なのかもしれませんが、こんなにもすぐ切り替わるもんなんだ!と感動しました。

重量感があってずれない!

MX KEYSですが、キーボードにしては重いです。

最初持ったときびっくりしました。

それまで使っていたキーボードがスカスカ?で軽かったので余計にそう感じたのかもしれません。

ちょっと手があたったくらいではずれません。

重量感があって高級な感じがします(笑)。

それも好みなのかもしれませんが・・・

バッテリーもストレスなし

USBで充電するタイプですが、私は1日8時間以上使って週1回充電をするかしないかくらいです。

前回いつ充電したっけ?という感じなので、この数値も正確ではないかもしれません・・・。

とにかく頻繁に充電はしていない、ということです!

キーが光る!

キーを押すと、バックライトがピカリ。

個人的にはテンションが上ります!

暗闇で光らせるとこんな感じです。

相変わらず撮り方がヘタですみません。

少しでも伝わっていればいいのですが・・・

単色ではなくカラーバリエーションがあるともっとテンションが上がりそうです(笑)

こんな風にいい点ばかりですが、あえてストレスな部分をあげると、キーの打ち間違いをよくしてしまう・・・ことです。

これは今まで使用していたキーボードと配置が違うキーがいくつか(「home」とか)あるので、慣れるまではしょうがないのですが・・・。

まとめ

とにかくキータッチの質感がとても気に入っています。

高いキーボードってこんなにも違うものなのか??と思わせてくれた一品です。

そういえば、同じシリーズで入力ダイヤルがついているものがあります。

(引用元:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/keyboards/craft.920-008511.html#specs)

こちらですね。

左上にくるくる回るダイヤルがついています。

アプリケーションと紐付けて、回すだけで簡単操作ができるようですが、私はきっと使わないだろうと思ってダイヤルはついていないものを購入しました。

主人はダイヤルありのを購入していましたが、1度も使っているのを見たことがありません(笑)。

パソコンを使う用途によってあったほうが便利かもしれませんが、文字入力がメインの私は特に不要でした。

もしキーボード購入を検討されているなら、このキーボードをぜひ候補に入れてみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2021 All Rights Reserved.