ようこそ不思議の国:SEの世界へ

チェコ・オーストリア旅行記 チェコ旧市街散策②「カレル橋」(Vol5)

WRITER
 
旧市街橋塔 見晴台
この記事を書いている人 - WRITER -

とうとう憧れのカレル橋にやってきました!

カレル橋

旧市庁舎と通りぬけた後は、ひたすら「カレル橋」を目指します。

憧れのカレル橋です!

カレル橋は、15世紀初めに完成した、幅9.5メートル、長さ520メートル、16の巨大なアーチで支えられたゴシック様式の石橋です。

橋の上では、楽器演奏や、風景画、アクセサリーなどの屋台、大道芸なども繰り広げられていました。

 

その憧れのカレル橋、初めて見たときはさぞや感動すると思っていましたが、意外にあっけなかったです^^;

何に期待をしていたのでしょうか・・・(笑)

 

カレル橋を渡る前に、手前にある「旧市街橋塔」へ上り、カレル橋を上から見ることにしました。
旧市街橋塔
これが「旧市街橋塔」です。

らせん階段を上っていくと、見晴台があります。

旧市街橋塔 見晴台
カレル橋からその先にあるプラハ城もとってもよく見えました。

日に当たると綺麗に見えますよね。だから、カレル橋にも日が当たるのを待っていましたが、なかなか当たらず、で、断念。

カレル橋を渡りに行きます。

カレル橋
カレル橋の上は賑わっていました。

そのエネルギーがこちらにも伝わってくるようです。

橋の両脇には、30体の聖人象があり、台座の絵を触ると幸運に恵まれるという「聖ヤン・ネポムツキー象」など伝説的聖人の周りには人だかりが出来ていました。
カレル足
この像は「ピエタ」です。

キリストの遺骸を抱く聖母マリアとマグダラのマリア像です。

こんな感じで1つ1つの像が特徴がありました。

そういえば、この下に流れている川はヴルタヴァ(モルダウ川)です。

小学校のころ習った音楽を思い出しました(笑)

カレル橋に想いを寄せながら、プラハ城へ向かいます。

-2013.08.11-

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2015 All Rights Reserved.