ようこそ不思議の国:SEの世界へ

Ubuntu Linuxのapt updateとapt upgradeの違いは何?アップデートには両方必要なの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ざっくりいうと、「apt update」でアップデートの内容を確認し、「apt upgrade」で実際にアップデートを実行しています。

ですので、セットで実行しましょう。

 

ちょっとだけ説明をしておきます。

apt update

apt updateはパッケージのリポジトリから、パッケージの名前やバージョン、依存関係を取得し、有効でインストール可能なパッケージの一覧を更新します。

「update」なので、インストールやアップデートを実行しそうですが、このコマンドでは実際のインストールやアップデートは行われません。

 

apt upgrade

有効なパッケージ一覧を元に、アップデート可能なパッケージを更新します。

このコマンドでアップデートが行われるわけですね。

 

アップデートとバージョンアップの違いは何?

アップデートとよく似ている言葉でバージョンアップというのがあります。

私も最初は混乱してしまったので、簡単に説明をしておきますね。

 

アップデート」は、主に不具合を修正して完成度を高めることです。

(どんなにテストをしても、最初から完璧なプログラムはそうないです。)

 

バージョンアップ」は、新規機能の追加や既存機能の削除、改修などを含めた大きな更新のことです。

Ubuntu18.04からUbuntu20.04にすることなどですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅するSE , 2020 All Rights Reserved.