SE夫婦の背のびしないくらし

Javaオーバーフローとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

オーバーフローとはあふれちゃうこと。

イメージはこんな感じです。

やっぱり下手な絵ですね笑

さて、今日は飲み会です🎵

私はビールが好きなので「生中」を頼みます。

「生中(なまちゅう)、いっちょう~❤」

生ビールには生ビール用のグラスがあって、そこに並々と注がれるビールの旨さと言ったら、たまりませんね。

ところが、例えばそのグラスが出払っていて、仕方なく代わりにお猪口(小さな器のことで、一般的にお酒を飲む為の小型の器)に生ビールを入れたらどうなるでしょう。

生中の量が350~500mlと言われていますから、間違いなく溢れちゃいますよね。

はい、これがオーバーフローの状態です!

あれ、余計に難しかったですか??

ここでいう生ビールのグラス、お猪口はプログラミングでいう「変数」に該当します。

変数には大きさがあって、入れられる量(範囲)が限られているんです。

本当は一口分しか入らないようなお猪口に、生中分の量を入れようとしてビールがこぼれちゃった状態は、本当は「50」までしか入らない変数に、「500」を入れようとして入らなかった状態なんですね。

伝わりましたでしょうか?

初心者の頃は、計算結果を入れようとした変数が小さくてオーバーフローしてしまうことがありました。

オーバーフローしちゃうとちょっぴり格好悪いので、変数の型を決めるときは注意してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふたりぐらし , 2021 All Rights Reserved.